2014年05月12日

国政報告〜後半国会に向けて〜

IMG_8471.JPG
横浜経済界有志の皆様との意見交換、国政報告
IMG_8448.JPG
1月に国会が始まって約3か月が経過しました。6月の会期末にむけて、国会はこれから後半戦に差し掛かります。
 今開かれている国会では、国のお金の使い方を定めた「予算」を始め、子育て支援の法案や、横浜港など日本にとって重要な港が世界と競争できる環境を整備する法案など、様々な分野に及ぶ法案が議論され、法律として成立しています。
 自民党の国会対策委員長代理として、1本でも多く私たちの生活に必要な法律が成立するよう、毎日各政党の担当者の下を訪ね、法律を議論する日程を中心に話し合いを行っています。
 国会では現在もTPPや集団的自衛権の問題など、幅広い分野にわたって議論が行われています。この4月からは消費税率も上がり、安倍内閣が重要視している経済対策も欠かすことができません。国会が国民の期待に応え、その役割を果たすことができるよう、引き続き努めて参ります

    数字で見る国会(法案の審議状況)平成26年4月30日現在
安倍内閣が今の国会に提出した法案 81本(以前の国会に内閣が提出した法案(継続法案)4本は含まず)
衆参両議院で賛成され成立した法律 36本(議員立法4本、継続法案1本含む)
現在国会で議論中の法案 40本(条約などは除く)
現在待機中の安倍内閣が提出した法案20本(審議にむけて政党間で調整されている法案)
その他成立、承認された議案    11本(予算6本、条約4本などを含む)

「来春の統一地方選にむけて」
 4月より、自民党神奈川県連会長に就任しました。2年の任期中、来年の春には統一地方選挙が行われます。政権の支持率は安定しているが、自民党への信頼が回復したというより、他党との比較で支持されている現状と理解しております。「経済指標の上では改善しているが、(景気回復の)実感がない」という声もまだまだ多く、経済対策など、ひとつ一つの課題に取り組んでいかなくてはなりません。 統一地方選挙にむけて、課題を見つけていくことが大切。一人でも当選者を増やすため、選挙区ごとの分析を進め、積極的に(候補者を)擁立していきたいと考えております。党勢拡大にむけて努力して参ります。

数字で見るアベノミクスの成果(民主党政権解散時)
株価(日経平均株価)8,664円(H24年11月14日※解散が決定した党首討論の日)→ 14,457円(H26年5月2日)
                        
円高是(正対ドル為替レート) 79.51円(H24年11月14日)→ 102.48円(H26年5月2日)

失業率(完全失業率)4.2%(H24年12月)→3.6%(H26年3月)

求人倍率(有効求人倍率)0.83倍(H24年12月)→ 1.07倍(H26年3月)

GDP(実質GDP成長率(年率))  政権交代後、4四半期連続成長 →2013年 年間成長率1.5%(速報値)

日銀短観(H26年3月)→大企業・製造業の業況判断指数は、5期連続で改善、07年以来の高水準を維持。
中小企業でも景況感が大幅に改善。非製造業では21年ぶりのプラスを維持。
雇用人員判断の人手不足感は、全規模・全産業で6年ぶりの高水準を維持。
IMG_8485.JPG
週末恒例の地元横浜での街頭国政報告
IMG_8493.JPG
IMG_8499.JPG
たくさんの叱咤激励を頂いており、お寄せ頂くお声を力に変えて精進続けて参ります。
IMG_8490.JPG
いつも誠にありがとうございます。


posted by team8ch at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96422798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック