2012年11月17日

いま、この国に必要なのは決断力と実行力です。

 昨日11月16日に衆議院が解散され、総選挙が来月の12月4日(火)公示、16日(日)が投票日と決まりました。我々自民党は安倍総裁、石破幹事長をはじめとする新体制でスタートしましたが、今度は政権を担える体制を整えなければなりません。日本には今、様々な課題が山積しています。景気の停滞、東日本大震災からの復興、エネルギー問題、我が国固有の領土に関わる深刻な事態等、これらの課題はかつての自民党政権時に根付いてしまい、政権交代後に収拾がつかなくなってしまったものがかなりあります。だからこそ自民党が国民の信頼を得て、再び政権与党としてそれらの課題に取り組む責務があるのです。今、色々な政党が雨後のタケノコの如く増えておりますが、この度の総選挙では、各政党の立場で各々が持論を展開するでしょう。しかし、政治は言いっぱなしではなく、多様な意見をまとめて、時に耳障りなものでも決定しなければならない責任があります。

 いま、国難に直面し続けている日本に政治の決断力と実行力が失われつつあります。そして、それを担うのがおこのぎ八郎さんであると私たちは確信をしております。皆様方におかれましても、是非、おこのぎ八郎さんの活動への深いご理解とご支援を賜りますようお願いを申し上げます。


(※配布ビラより抜粋)

posted by team8ch at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | かわら版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60235049
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック