2014年07月28日

御詫び

       お詫びとご報告

 日頃からの厚いご支援と深いご理解に衷心より御礼申し上げます。
 さて、既に報道等でご承知のことと存じますが、今般、横山幸一
元県議の引き起こしました脱法ハーブ所持事件につきまして、誠に
申し訳なく、心からお詫び申し上げます。
昨今脱法ハーブに係る重大事件が起きている中、人々の模範たるべき人物が
このような行為によって逮捕され、党員の皆様や後援会の皆様
のみならず、広く一般社会に多大なる迷惑を及ぼし、政治家不信を
招いたことは慙愧に堪えず、責任を痛感致しております。
 事件の発生を受け、自民党神奈川県連会長として厳格に対処すべく、
党紀委員会・総務会を開催し、横山幸一元県議を最も重い除名処分とし、
来春に迫る統一地方選での公認の取り消しも決定致しました。
 若手県議として周囲の期待も大きく、青年局世代から慕われていた
人物だけに断腸の思いでありますが、元県議の引き起こした事件は
言語道断、到底許されるものではありません。私も党の責任者として、
今後、二度とこのような事が起きぬよう綱紀粛正に努めて参る所存で
ございますので、引き続き、ご支援ご協力を賜りますよう何卒よろしく
お願い申し上げます。

平成二十六年七月
小此木 八郎


posted by team8ch at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヨコハマ
この記事へのコメント
先生の後援会で少しばかり応援させてもらっている上末吉の池田祐二と申します。
このたびの横山元県議の事件は、本当に残念です。私の家は半世紀以上にわたり、上末吉の横山家と関係があり、特に故横山健一元市議会議長には大変、お世話になりました。下末吉の横山幸一元県議の事も、本当にこれからの神奈川県と県議会を引っ張って行く若く優秀な方と思っていたので、シヨックを感じました。
しかしながら、今後の県政の前にある困難さを思うと、何があっても神奈川自民党に前進してもらわないと困ると思います。
地方の時代と言われて、久しいですが、社会保障の維持改善を始めとして、県政に求められる役割は本当に大きいと思います。
日本も神奈川県も大きな分岐点に来ていると思います。政治を担う議員の先生に掛かるストレスはますます大きくなっていると思いますが、むしろ国難に向かっていく重責を誇りとして奮闘して下さい!中央も地方も自民党以外に重責を担える党はありません。
おこがましいかもしれませんが…来年の統一地方選の勝利に向けて、更なる団結をして参りましよう!
Posted by 池田祐二 at 2014年08月02日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102001108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック